オーガニック野菜って一体何?毎日の食事に摂り入れるメリット、デメリットは?

投稿日:

「オーガニック野菜」と聞くと、なんとなく身体にいいイメージがありますよね。

自然派のイメージがあるものの、普通の野菜となにが違うのかわからない方も多いのではないでしょうか。

オーガニック野菜は、安全性や栄養価が高かったり、野菜本来の味が楽しめたりと、日々の食生活に取りいれるメリットがたくさんあります

この記事では、オーガニック野菜について、無農薬野菜との違いから取り入れるメリット・デメリット、入手方法まで詳しく解説します。

オーガニック野菜って一体何?

オーガニック野菜とは、 有機栽培による野菜のことです。

有機栽培とは、化学肥料や農薬の使用を控え、米ぬかや堆肥など自然由来の肥料を使用して栽培する方法を指します。

通常の栽培方法より生産性は劣りますが、自然の恵みを活かしながら、人の身体に優しい野菜を栽培できるのが特徴です。

家畜の糞や枯れ草・枯れ葉などを発酵させた堆肥を使用することで、土壌の改善や病害虫対策などの効果があります。

日本では、農林水産省が定める「有機JAS認定」を受けた野菜のみ、「オーガニック野菜」として販売することを許可されています。

「有機JAS」の認定基準の例は、次の通りです。

  • 田畑の管理〜野菜の栽培まで、禁止された農薬・肥料を使用していない
  • 遺伝子組み換えの種を使用していない     など

無農薬野菜とオーガニック野菜は別物?

無農薬野菜とは、農薬を使用せずに栽培した野菜のことです。

化学肥料や農薬をつかわずに栽培する「オーガニック野菜」との違いは、国が定める基準があるかないか、です。

オーガニック野菜には「有機JAS認定」という基準があるのに対して、無農薬野菜には基準がありません。

基準がないため、「無農薬」の意味が農家によって異なり、生産者と消費者の間で認識がずれることも。

そのため、農林水産省が定める「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」では、「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」などの表示が禁止されています。

有機栽培の基準はクリアできないが、農薬・化学肥料の使用を規定以上減らしている野菜に対しては「特別栽培」として販売することが可能です。

オーガニック野菜を使用するメリットは?

「身体によさそう」というイメージがあるオーガニック野菜ですが、具体的にどのようなメリットがあるのか気になりますよね。

ここでは、オーガニック野菜を使用するメリットを3つ紹介します。

安全性が高い

オーガニック野菜を使用するメリットの1つ目は、安全性が高いことです。

有機栽培でない「慣行栽培」の野菜には、殺虫や除草のために農薬を使用します。
食材に残留した農薬は、間接的に体内に取り込まれてしまいますよね。

虫を殺したり、植物を枯らすための薬剤を長期間摂取すれば、健康を害するリスクが生じるでしょう。

こういった農薬による健康被害のリスクをおさえられるのが、オーガニック野菜なのです。

また、アレルギーの原因になるなど人体への影響が指摘されている「遺伝子組み換え」の種を使用していないのも、嬉しいポイントです。

シンプルに美味しい

オーガニック野菜を使用するメリットの2つ目は、「シンプルに美味しい」ことが挙げられます

化学肥料や農薬を使用して栽培された野菜に比べて、オーガニック野菜は、甘く水々しいという特徴があります。

野菜本来の味が楽しめるので、生のままや蒸しただけの状態で食べても、美味しく食べられるでしょう。

オーガニック野菜が美味しくなる要素としては、次のようなものがあります。

  • 天然の糖分をより多く含む
  • 保存期間を長く持てないため新鮮
  • 有機栽培で改良された土壌は、栄養素が豊富

野菜が嫌いという方は、1度オーガニック野菜を試してみるのをおすすめします。

栄養価が高い

栄養価が高いのも、オーガニック野菜を使用するメリットの1つです。

有機栽培でない「慣行栽培」の場合、短期間で収穫をしたり、同じ土地で1年中栽培したりできるため、どんどん土地がやせてしまいます。

やせた土地で育てられた野菜は、栄養を吸収できず、野菜自体の栄養価が下がってしまうことに。

化学肥料で栄養を補おうとしても、土の中の微生物がつくるビタミン・鉄分などは補いきれません。

一方、有機栽培は、栽培方法自体が土壌改善につながるのが特徴です。
有機栽培で育てられたオーガニック野菜なら、自然由来の肥料や、微生物が多くいる土からの栄養を吸収できます

そのため、オーガニック野菜の栄養価は高くなるのです。

オーガニック野菜を使用するデメリットは?

安全性・栄養価ともに高く、美味しいオーガニック野菜ですが、デメリットはあるのでしょうか。

ここでは、オーガニック野菜を使用するデメリットを3つ紹介します。

若干値段が高い

オーガニック野菜を使用するデメリットの1つ目は、化学肥料や農薬を使って栽培された野菜よりも値段が高いことです。

有機栽培は、即効性のある化学肥料を使用できないため、生産効率が低いくなる特徴があります。

化学的な農薬を使用して、効率的に害虫駆除や除草を行えないため、人手が必要です。

さらに、オーガニック野菜をつくり始めるための土壌つくりには、2〜3年かかります。

通常の栽培方法に比べて、圧倒的に手間・時間・人手が必要になるので、その分野菜自体の値段も高くなるのです。

完全に無農薬なわけではない

オーガニック野菜を使用するデメリットの2つ目は、完全に無農薬なわけではないということです。

オーガニック野菜は、化学肥料や農薬を避けて栽培するよう基準がありますが、国で認められた「安全性の高い農薬」の使用は認められています。

「有機JAS認定」に記載されている農薬には、次のようなものがあります。

  • 除虫菊乳剤及びピレトリン乳剤 :除虫菊から抽出したもので、共力剤としてピペロニルブトキサイドを含まないものに限る
  • メタアルデヒド粒剤:捕虫器に使用する場合に限る
  • 性フェロモン剤:農作物を害する昆虫のフェロモン作用を有する物質を有効成分とするものに限る

農薬の成分や、使用用途が限定されているのが特徴です。

参考:有機農産物の日本農林規格

綺麗な形をしていないこともある

オーガニック野菜は必ずしも綺麗な形をしていないので、気にする方にはデメリットになるでしょう。

例えば、丸まったきゅうりや、先が2〜3つに割れた人参など、スーパーで見かける綺麗な形の野菜とは違うこともしばしばあります。

中には、虫食いになっている場合もあるなど、個体差が大きいのが特徴です。

有機栽培は、通常の慣行栽培よりも難しいため、形が不揃いになってしまうのは仕方のないことです。

また、虫食いは「虫が食べられるほど安全」と捉えることもできるでしょう。

オーガニック野菜ってどこで手に入るの?

オーガニック野菜は、主に次のような場所で手に入ります。

  • オーガニックスーパー
  • 自然食品店
  • 食材宅配サービス

例えば、都内や関東近郊なら「Natural House」のようなオーガニックスーパーや、「こだわりや」のような自然食品店などがあります。

都内は比較的多いものの、自宅の最寄り駅にはなかったり、遠出しなくてはならなかったり、手間がかかりますよね。

わざわざ専門店に行って購入する手間を省きたい方におすすめなのが、オーガニック野菜を販売している食材宅配サービスです。

食材宅配なら、ネットやカタログで注文した食材を自宅まで届けてくれるので、無理なくオーガニック野菜を取り入れたい方にぴったりです。

まとめ

オーガニック野菜は、「化学肥料・農薬による健康被害のリスクを減らせる」「遺伝子組み換えの種を使わない」など、安全性の高さが魅力です。

野菜本来の美味しさを楽しめたり、自然の恵をうけて栄養価が高かったりと、日々の食事のクオリティを上げてくれるでしょう。

とはいえ、値段が高く、手に入りにくいのが難点ですよね。

オーガニック野菜を普段の食事に無理なく取り入れるなら、食材宅配サービスがおすすめです。

料理の負担を減らす加工食品やミールキットまで、こだわりの食材を使用している会社もあるので、ぜひ参考にしてください。

迷った時オイシックスで決まり♪


どこの食材宅配にしようか迷ったときは全国対応のオイシックスから始めるのがおすすめ。

ペコママが10社試した中で、理論的にも感覚的にも良かった会社です(*´▽`*)

有機野菜など食材全般的に安全性に優れていてどれもおいし!
ミールキットは簡単に2品つくれて時短にも◎です♪

利用したことがない方は、お得なお試しセットが安心!

お試しセットの中身は時期によって変わるので、公式サイトで確認してください<(_ _)>



オイシックスのお試しセット

-コラム

Copyright© 【食材宅配サービス比較&おすすめランキング】ペコママのお試し体験談&ニーズ別おすすめ会社 , 2022 All Rights Reserved.