レシピ通りに作っているのに・・・料理に失敗する理由と解決策を紹介!

投稿日:

「料理を作るのは嫌いじゃないけど、中々上手に作れない・・・」

という悩みを持っている方はたくさんいるでしょう。

中には、レシピ通りに作っているにもかかわらず、見た目も味も、イメージとかけ離れたものになってしまっている方も多いです。

そこでこの記事では、レシピ通りに作っているのに料理に失敗してしまう原因と、美味しい料理を作るためのちょっとしたコツについて詳しく解説していきます。

料理が苦手な方に共通する悩み

まずは、料理が苦手な方に共通する悩みをいくつか紹介していきます。

頑張っているのに「美味しくないと言われる」

料理をすること自体は好きで、いつも頑張って作っているのに、

「美味しくない」

と言われてしまっている方はたくさんいます。

直接「まずい」と言われることはなくても、相手の表情や残し具合で美味しかったか美味しくなかったかを判断することができます。

せっかく頑張って作ったのに、美味しくないと言われたり、残されたりするのはショックですよね。

残されたり、美味しくないと言われたりするのが一度や二度であれば、

「もっと頑張ろう」

と思えるかもしれませんが、それが何度も続くと料理をすること自体が嫌いになってしまいます。

レシピ通りに作っているのに美味しくない

料理が苦手な方でも、ネットや本のレシピを参考にして作れば、ある程度形になります。

ただ、

「レシピ通りに作っているのに美味しくならない」

という悩みを持っている方も一定数存在しているのです。

レシピに書いてある食材や調味料を用意して、手順通りに作っているのに美味しくならない。

まさにお手上げ状態です。

ただ、これから紹介するコツを正しく実践すれば、誰でも美味しい料理が作れるようになりますので、自信を無くす必要は一切ありません。

レシピ通りに作っているのに失敗する理由と解決策

レシピ通りに作っているのに美味しくならないという悩みを抱えている場合、まずは、

「なぜ美味しくならないのか」

という原因を探らなければなりません。

以下、レシピ通りに作っているのに美味しくならない原因と、その解決策について詳しく解説していきます。

手順を間違えている

レシピ通りに作っているのに美味しい料理ができない場合、手順を間違えてしまっている可能性が高いです。

料理が上達しない方の中には、

  • 面倒くさい
  • 何とかなるだろう

という理由で、必要な手順をすっ飛ばして作ってしまう方もいるのですが、これでは美味しい料理ができるはずがありません。

レシピを見ていると、

「本当にこの工程は必要か?」

と思うこともありますが、美味しく作るために必要な工程だからこそ記載されているのです。

美味しい料理を作りたいと考えているのであれば、ちょっとした工程でも、面倒くさそうな工程でも、すっ飛ばすことなくしっかりと実践していきましょう。

味見をしない

レシピ通りに作成をする場合でも、しっかりと味見をしなければなりません。

ほとんどのレシピには、調味料の分量が記載されていますが、油断は禁物です。

味見を一切せずに作ってしまうと、自分のイメージとはかけ離れた美味しくない料理ができてしまう可能性が高くなりますので、こまめに味見をしてバランスを整えていきましょう。

調味料の力を甘く見ている

レシピ通りに作っているのに美味しくできないと悩んでいる方の中には、調味料を入れすぎてしまっている方もいます。

「調味料を多く入れておけば美味しくなるだろう」

と考えている方もいますが、これは大きな間違いです。

調味料が少なすぎても美味しくなりませんが、入れすぎてしまうと食べるのも大変なくらい美味しくない料理ができあがってしまいます。

レシピ通りに作りたいと思っているのであれば、用意する調味料から、調味料の配分まで、全て記載されている通りにしなければならないのです。

火加減が強すぎるor弱すぎる

料理が下手、あるいは苦手な方の中には、火加減を全く意識していない方もいます。

「とりあえず強火にしておけばいいだろう」

「弱火でじっくり炒めた方が美味しくなる」

という独自の理論を持っている方もいますが、これでは美味しい料理ができるはずもありません。

レシピの中には、火加減が記載されていないものもありますが、その場合は基本的に「中火」で問題ありません。

美味しい料理を作りたいと考えているのであれば、レシピに記載された火加減で調理するようにしましょう。

使っている器具が小さすぎるor大きすぎる

レシピ通りに作っていても、使っている器具が小さすぎる場合、あるいは大きすぎる場合は美味しくなりません。

最もわかりやすいのが、野菜炒めです。

レシピ通りに作っていたとしても、フライパンが小さすぎてしまうと水分が飛ばず、べちゃべちゃした野菜炒めが完成します。

美味しい料理を作るためには、作りたい料理に合わせて調理器具選びが大切になりますので、慎重に準備を進めていくようにしましょう。

美味しい料理を作るにはどうすればいいの?

最後に、美味しい料理を作るためのコツを紹介していきます。

これから紹介するコツを片っ端から実践すれば、料理が苦手な方でも美味しい料理を作れるようになるでしょう。

簡単なレシピから作る

料理が苦手な方、あるいは下手な方の中には、自分の作りたい料理を作ろうとしてしまう方がいます。

もちろん作りたい料理に挑戦することは大切なのですが、どの料理にも難易度がありますので、初心者がいきなり難しい料理に挑戦しても、うまくいくはずがありません。

料理が苦手な方、あるいはあまり経験がない方は、簡単なレシピから実践していき、徐々にレベルを上げていくようにしましょう。

ネットで、

簡単 レシピ」

と検索すれば、初心者でも気軽に作れる料理がたくさんできますので、何を作ればいいかわからずに悩んでいる方は、一度検索してみてください。

工程の意味を理解しながら作る

料理を作る時は、工程の意味を理解しながら作るようにしましょう。

レシピには、その料理の作り方が事細かく記載されていますが、中には、

「これって何の意味があるんだろう」

と思うような工程もありますよね。

そんな時、疑問を解決することなく先に進んでしまうと、料理が完成した時に、

「なぜ美味しくなったのか?」

「なぜ美味しくならないのか?」

がわからなくなってしまいます。

レシピを見てわからない工程が出てきた場合は、作り始める前に調べておくようにしましょう。

食材宅配のミールキットを利用して料理の感覚を掴む

レシピ通りに作っているのに美味しくならない場合は、別の方法で料理の練習をしてみると良いでしょう。

最もおすすめなのは、食材宅配のミールキットを活用する方法です。

ミールキットというのは、下処理済みの食事や調味料、レシピがセットになった商品のことです。

ミールキットについてくるレシピは、初心者にもわかりやすいように作られていますので、料理が苦手な方でも安心して楽しく料理することができるのです。

まとめ

料理が苦手な方、あるいは下手な方の中には、

「レシピ通りに作っているのに美味しくならない」

という悩みを持っている方がいます。

そのような方の中には、料理を作ることに対する楽しみや、自分への自信を完全に見失ってしまっている方もいるのですが、ちょっとした問題点を解決するだけで、料理の味が良くなることもあります。

「今よりも料理の腕を上げたい!」

「絶対に美味しい料理を作ってやる!」

と思っている方は、是非今回紹介したことを参考にしながら調理してみてください。

どうしても料理が上手くならない場合は、必要な食材や調味料、レシピがセットになっている「ミールキット」を使って練習してみると良いでしょう。

迷った時オイシックスで決まり♪


どこの食材宅配にしようか迷ったときは全国対応のオイシックスから始めるのがおすすめ。

ペコママが10社試した中で、理論的にも感覚的にも良かった会社です(*´▽`*)

有機野菜など食材全般的に安全性に優れていてどれもおいし!
ミールキットは簡単に2品つくれて時短にも◎です♪

利用したことがない方は、お得なお試しセットが安心!

お試しセットの中身は時期によって変わるので、公式サイトで確認してください<(_ _)>



オイシックスのお試しセット

-コラム

Copyright© 【食材宅配サービス比較&おすすめランキング】ペコママのお試し体験談&ニーズ別おすすめ会社 , 2022 All Rights Reserved.