放射能検査・対策をしっかり実施している大手の食材宅配・野菜宅配サービスを比較【安全安心】

毎日、口にする野菜や食品が、安全なものかどうかは誰もが気になるものです。

とくに、放射能の影響を受けているかどうかについては、その食材を目にするだけではわからないので不安だという方も多いのではないでしょうか。

実は宅配食材サービス各社では、利用者により安全に食品を口にしてもらうために独自で食品に含まれる放射能の検査を行っているところがたくさんあるのです!

では、実際どのような基準で、どのようにして検査を行っているのでしょうか。今回は7社の食材宅配サービスを対象に比較してみました。

食材宅配・野菜宅配サービスの放射能検査実施の状況を比較しました

まずは国(日本)の放射能検査の基準値・検査方法・検査結果の公開非公開

食品中、どれくらい放射能が含まれているのかなど、国でもさまざまな基準を定めて、それを基に検査を行っています。

まずは、この国の基準値や検査の方法、その結果をどのように国民へと伝えているのかについてお話しますね。

放射性物質の基準値は?

厚生労働省では食品の中に含まれる放射性セシウムの基準値を以下のように設定しています。

これは、食品が人体へ影響を与える年間線量の上限を「1ミリシーベルト」として定め、さらにそれを食品1kgあたりの量に換算して算出しています。

放射性セシウムの基準値
食品群基準値
飲料水10
牛乳50
乳児用食品50
一般食品100

※単位:ベクレル/kg

引用:食品中の放射性物質の対策と現状について(厚生労働省医薬・生活衛生局)

全国17の都道府県に対して、上記のような基準値を基にして国が定めた品目ごとに検査を行います。ただし、全国で一斉に同じ品目を調べるというわけではありません。共通して検査するものもあれば特定の食品だけを調べる場合もあるのです。

また、地域によっては基準値の2分の1を超えると出荷停止など、より厳しい条件にしている所などもあったりします。

国の検査方法は?

各都道府県では、それぞれ国が定めた検査方法や検査機器を使って、食品中の放射性物質の量を調べています。主な検査方法や流れは以下の通りです。

  1. <細切>食材を細かくカットする
  2. <秤量>決まった分量になるよう量る
  3. <測定>専用の測定器で検査
  4. <解析>専用の解析ソフトを使用して細かく解析

そして主な検査項目は、緻密さを求める検査とたくさんの項目をスピーディーに調べる検査の2つを同時に行う方法がとられています。

ちょっと専門的な用語なので難しく感じるかと思いますが、主に以下のような機器や検査方法になります。

  • 「ゲルマニウム半導体検出器」という検査機器を使った緻密な検査
  • 「NaIシンチレーションスペクトロメータ」という検査機器を使ったスクリーニング検査

どちらも食品中に含まれるの放射性物質の分量を調べるための検査方法ですが、複数の方法を組み合わせることで、短時間で多くの検査をより正確に行えるというわけです。

検査結果の公開非公開について

各検査を行って、もしも基準値を超えるものがあれば、地域と品目ごとに出荷制限や摂取制限が出されます。とはいえ、制限がかけられるのはあくまでも、生産農家などが対象です。

その地域の一般家庭で作物などを作っている場合などは、特別制限はかけられることはありません。とはいえ、その地域で特定の品目が出荷制限がかけられたとなれば、やはり不安になりますよね。

それぞれの地域で行われた放射能検査の結果は、厚生労働所のホームページで定期的に公開されていますので安心です。

もちろん、その結果は私たち個人でも無料で確認できます。検査した市町村や検査機関、検出量などかなり細かく公表されています。

検査結果は月単位で公開されていますので、気になる場合には最新月のものをチェックすればOKですね。

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/0000045250.html

食材宅配サービス各社の放射能検査の基準値、検査方法・公開情報を比較

国では出荷のための基準として、それぞれ食品に対して細かく基準値を設けています。

もちろん、食材宅配サービスでもそれに準じて野菜などを選んでくれているとは思うのですが、それでも大切な家族の口に入ると思うと不安に思うこともありますよね。

こうしたユーザーの気持ちに配慮して、食材宅配サービス各社では、さらに厳しい基準を設けている場合もあるようです。

それぞれ以下の食材宅配・野菜宅配サービス7社の、放射線検査の基準値や検査方法について比較表にまずまとめました。

  • コープデリ
  • パルシステ
  • 生活クラブ
  • オイシックス
  • 大地を守る会
  • らでぃっしゅぼーや
  • ヨシケイ
検査の基準値検査方法公開情報
コープデリ〇
国と同等
◎
国と同等
◎
かなり細かく公開
パルシステム◎
国よりも厳しい基準
◎
国と同等
◎
かなり細かく公開
生活クラブ◎
国よりも厳しい基準
◎
国と同等
◎
産地だけでなく生産者ごとに公開
オイシックス◎
国よりも厳しい基準
◎
国と同等
◎
不検出品目を公開
大地を守る会◎
国よりも厳しい基準
◎
国と同等
◎
不検出品目を公開
らでぃっしゅぼーや◎
国よりも厳しい基準
〇
国とほぼ同等
◎
不検出品目を公開
ヨシケイ×
行っていない
××
 

コープデリの放射能検査の基準値、検査方法など詳細

コープデリの宅配食材の放射能検査の基準は、国の基準値を下回ることを条件としています。

国で指定されている食材以外にも多くの品目を自主的に検査しているので、安心して口にできそうですね(*^^*)

検査方法は国が指定する方法と同等、検査結果については品目ごとに分けてかなり細かく検査値と合わせて公開してくれています。

パルシステムの放射能検査の基準値、検査方法など詳細

乳幼児用食品と米、牛乳などは10ベクレル/kg以下、青果・肉類・卵・魚介類・その他食品などは国の基準値の2分の1に定めるなど、かなり厳しい自社基準を設けています!

検査方法も国が各地域に指定しているものと同等の機器を使用し、同じように検査。検査結果についても、検査値をしっかりと公開してくれているので安心ですね(*^^*)

生活クラブの放射能検査の基準値、検査方法など詳細

生活クラブでは、もともと国の基準値よりも厳しく検査していましたが、2016年以降その限界値をさらに厳しく引き下げました!

お米や牛乳などにおいては、国の定める50ベクレル/kgよりも厳しい、5ベクレル/kgなどに定めています。

さらに検査結果においても、産地や品目だけでなく、生産者ごとに確認できるよう分類。
検査値も細かく公開していますよ(*^^*)

オイシックスの放射能検査の基準値、検査方法など詳細

オイシックスでは、国が指定する機器による検査方法を用いて、放射能の自主検査を行っています。

基準値については、国が定めている基準値以下かどうかでチェック!
検査結果については品目ごとに、数値ではなく「不検出(基準値以下)」であることのみを公開しています。

らでぃっしゅぼーやの放射能検査の基準値、検査方法など詳細

らでぃっしゅぼーやでは、国よりも厳しい基準を設けて検査を行っています。

自主基準は不検出~国の基準の2分の1までと厳しく定めています。品目によっては17都道府県以外のものもチェック。
商品名や品目ごとに検索してチェックすることも可能です(*^^*)

大地を守る会の放射能検査の基準値、検査方法など詳細

大地を守る会では、国の基準値を大きく下回る値を自主基準としています。なので国より厳しいチェックしているということです!

特に、乳幼児が口にする食品などについては、6ベクレル/kgに設定。

米やパンなどについても10ベクレル/kgなどに設定して検査しています。
それ以外の食品においても、10ベクレル/kgの商品を購入できるよう、かなり厳しくチェックしています。

ヨシケイの放射能検査の基準値、検査方法など詳細

今回比較した8社の中で、ヨシケイはゆいいつ自主検査を行っていない宅配食材サービスになります…

各自治体では国による基準でそれぞれ残留放射性セシウムの検査を行っているという理由や、基準値以上のものは流通しないという考え方からきているようです。

自主検査を行わない理由については特に言及していませんが、各地域フランチャイズ展開していることもあり、仕入れ先がバラバラになることなども大きく関係しているのかもしれません…

放射能汚染された食材で食事を摂るとどのような影響が出るのか

基本、どの食材宅配・野菜宅配サービスでも、残留放射性セシウムの基準を上回る食材を扱っているところはなく、どこも安全安心です(*^^*)

しかし、もしも放射能汚染された食材を使って料理をしたり、日常的に口にしているとどのような影響があるのでしょうか?

食品中に含まれる放射能は、食べることで身体の中に蓄積し、内部被ばくという形で人体に影響を与えていきます。
こうした影響には、高い放射線量によって起こるものと、線量が増えるとともに発症確率が高まるものとでわかれるとされています。

主に、高線量の場合、脱毛や不妊などの影響があるとされ、低い線量でも継続的に線量が増えていくことによって、DNA細胞が傷つき、白血病をはじめがんなどを発症する可能性が高まるとされてます。

ただし、線量の影響によってDNAが傷ついたとしても、人間が本来持つ力(生体防御機構)によって発がんまでにはならず、がんを発症するのはごくまれだとされています。
ですので、万が一放射能汚染された食品を少量口にしたからといって、即座に体に何らかの影響を受けるということはないので、そこまで心配する必要はないですね。

放射能汚染が気になる人はどこを選んで買い物をするべきか

とはいえ、小さなお子さんや妊婦さんなどは、より安全で安心して口にできる食材をと思うものですよね!!!
近隣のスーパーに並んでいる食材であっても、基準値を上回るものは流通していないので安心といえば安心です。

しかし、より放射能汚染から縁遠い食品を求めるのであれば、国の基準よりも厳しくチェックしているような食材宅配・野菜宅配サービスを利用するのが安心です。

さらに、検査結果を数値でしっかりと公開しているような会社であれば、信頼度も高くより安心して食材選びができるのではないでしょうか。

放射能検査がきっちりされているおすすめの食材宅配サービスのまとめ

2011年の東日本大震災以降、国民の食品に対する放射能検査・対策に対する意識が大きく変わりました。

今でも、食品の残留放射性セシウムが気になるという方は決して少なくはありません。

特に、小さなお子さんを持つお母さんや妊娠中のプレママさんにとっては、食品の安全が確認できるかどうかはとっても重要ですよね!

放射能汚染を気にせず安心して食材を購入するためにも、厳しい基準値により放射能の自主検査を行っている食材宅配・野菜宅配サービスを利用することをおすすめします(*^^*)

今回の調べた7社の中で、放射能検査がしっかりし公開していることを含めておすすめな食材宅配サービスは、パルシステム生活クラブオイシックス大地を守る会です!

この4社は有機野菜に力を入れているとことなので、安全面に長けているとうのは納得するところです。

有機野菜宅配として比較もしましたので、➡【有機野菜宅配サービス比較】無農薬・減農薬や産地指定、安い値段でお試しができる人気5社のおすすめランキング もご覧ください。

以下、おすすめ4社の公式サイトと詳細・基礎情報ページのまとめです。

【有機野菜宅配サービス比較】無農薬・減農薬や産地指定、安い値段で通販購入できる人気5社のおすすめランキング

有機野菜宅配のオイシックス・らでぃっしゅぼーや・大地を守る会・パルシステム・生活クラブを比較しました

「食材宅配サービス会社」ってすごく言葉の意味が広くて、食材宅配サービス会社の中でも有機野菜に特化した食材宅配サービス会社もあります。
そういう会社を「有機野菜宅配サービス会社」とも呼びます。

特に有機野菜をメインにしている会社は、らでぃっしゅぼーや、オイシックス、大地を守る会です。

また、生協グループのパルシステムと生活クラブも有機野菜がメインというわけではないですが、放射能検査や減農薬に努めているなど食品の安全性を重視した会社です。

他にも野菜を宅配してくれる会社はたくさんありますが、有機野菜というわけではなかったり、また数多くの会社を比較しても「結局どこがいいの!?」と迷いかねないと思ったので、

ここでは有機野菜宅配サービス会社として、以下の5社に厳選しました。

①オイシックス
②大地を守る会
③らでぃっしゅぼーや
④パルシステム
⑤生活クラブ

有機野菜宅配サービスの比較とおすすめランキング

有機野菜宅配サービスのおすすめランキング

早速ではありますが、まずは結論としておすすめランキングからです。

 放射能検査はしっかりされているか?
 無農薬・減農薬・無肥料など余計な薬は使っていないか?
 野菜を購入する際にしっかり産地は記載されているか?
 安さはどうか?
 おいしさや、品揃え・配送地域などサービス面は良いか?

これらを重視しつつ、実際に私が利用した時のサービスの良さ、野菜のおいしさ含めた総合評価でランキングをつけました。

オススメ度放射能検査
無農薬
産地明記安さおいしさ
サービス

オイシックス

国よりも厳しい
基準の検査アリ

産地選択可能
生産者の顔もわかる
×
野菜の値段は一番高い

全国対応、味も品揃えも良い

らでぃっしゅぼーや

国よりも厳しい
基準の検査アリ
〇
産地選択も可能
△〇
全国対応で品揃え・味も普通

大地を守る会

国よりも厳しい
基準の検査アリ
〇
産地も明記
×
商品全体的にみて高い
△
全国対応、品揃え・味は普通

パルシステム

国よりも厳しい
基準の検査アリ
△
表記が曖昧
〇×
関東のみ対応、品揃え良し、味は普通

生活クラブ

国よりも厳しい
基準の検査アリ
△
表記が曖昧
〇×
関東のみ対応、味は普通、品揃えが悪い
  オイシックス
オイシックスの有機野菜(じゃがいも、ミニトマト、玉ねぎ、ピーチかぶ、トロ茄子)の画像
放射能検査
無農薬
無肥料
国よりも厳しい基準の放射能検査アリ
無農薬
無肥料
産地明記産地選択可能生産者の顔もわかる
安さ×野菜の値段は一番高い
おいしさ
サービス
全国対応
味も品揃えも良い
公式HPhttps://www.oisix.com/
 
  らでぃっしゅぼーや
らでぃっしゅぼーやの定期便で届いた有機野菜セット
放射能検査
無農薬
無肥料

国よりも厳しい基準の放射能検査アリ
無農薬
無肥料
産地明記〇産地選択も可能
安さ△
おいしさ
サービス
〇全国対応で品揃え
味も普通
公式HPhttps://www.radishbo-ya.co.jp/
 
  大地を守る会
大地を守る会の有機野菜
放射能検査
無農薬
無肥料
国よりも厳しい基準の放射能検査アリ
無農薬
無肥料
産地明記〇産地も明記
安さ×商品全体的にみて高い
おいしさ
サービス
△全国対応
品揃え・味は普通
公式HPhttp://trial.daichi-m.co.jp/
 
  パルシステム
生協・パルシステムの有機野菜
放射能検査
無農薬
無肥料
国よりも厳しい基準の放射能検査アリ
無農薬
無肥料
産地明記△表記が曖昧
安さ〇
おいしさ
サービス
×関東のみ対応
品揃え良し、味は普通
公式サイトhttp://www.pal-system.coop/
 
 生活クラブ
生協・生活クラブの有機野菜
放射能検査
無農薬
無肥料

国よりも厳しい基準の放射能検査アリ
無農薬
無肥料
産地明記△表記が曖昧
安さ〇
おいしさ
サービス
×関東のみ対応
味は普通、品揃えが悪い
公式HPhttps://welcome-seikatsuclub.coop/
どこが美味しいのか食べ比べしました
有機野菜の中で、どこが一番おいしいのか!?ということを調査するために主婦4人で食べ比べをしてみました!

オイシックス、らでぃっしゅぼーや、大地を守る会の有機野菜の食べ比べしたときの様子

その結果、主婦に断トツで一番おいしいと言われたのはオイシックス

さすがオイシックスって名前だけありますね!全ての野菜で甘みがあって、生で食べてもおいしかったです(*^^*)

野菜だけでなく、卵もミールキット(料理キット)もなんでも美味しかったですけどね!

今回、他社の野菜と食べ比べてみても、それでも断然オイシックスの野菜が美味しかったのはすごいことだと思いました!

これだけ褒めるとステマっぽくてイヤですが(笑)

まだオイシックスを利用したことなければ、ぜひお試しセットをおすすめします!

お試しセットなら通常の60%OFFとめちゃ安いのですが、時期によってお試しに入る野菜の内容が変わるので、今は何が入っているのかは公式サイトでご確認ください。

 オイシックスのお試しの内容はこちらから確認できます

 

一番安い有機野菜宅配サービスはどこ?料金比較!

有機野菜を取り扱っている会社の中でも、できれば安い会社を選びたいものですよね!

そこで、5社の野菜の値段を比較しました。

比較表の値段は全て私が各社のカタログなり注文サイトなりで商品の値段を調べ計算し、比較しやすいように100gあたりの価格で統一したものです。
実際の販売価格ではないのでご了承ください。

時期や特価などで、この比較表とは値段が異なる可能性もありますが、安い有機野菜宅配サービス選びの一つの指標となれば幸いです(*^^*)

※黄色に塗りつぶされているのは、その商品で一番安い値段
数字(価格)が赤字なのは、その商品で一番高い値段のところです。

パルシステム生活クラブオイシックス大地を守る会らでぃっしゅぼーや
にんじん27円32円70円42円44円
たまねぎ16円21円40円32円34円
じゃがいも26円24円40円30円38円
トマト179円83円145円130円118円
キャベツ189円214円360円289円315円
大根189円194円370円222円302円

ということで、一番安い有機野菜宅配サービスはパルシステムでした!

「おいおい、比較しているのが野菜6品だけじゃないか」という声が聞こえてきそうですので、少し説明を加えます。
私ももう少し多くの種類を比較したかったんですが、「同じ条件で比較」ができない野菜を省いた結果、6品のみの比較となりました。

例えばカボチャなんですが、オイシックスでは「カボッコリー」として売っているんですよ。
生でも食べられるカボチャらしいんですけど、それを他の会社でカボチャとして売っているものと比較するのは違うよなぁ~と思って外しました。

このように思ったよりも「同じ条件で比較」できるものが少なかったんです(>_<)

野菜以外のお肉なり日用品なり全体的な料金比較は 「一番安い食材宅配サービス会社はどこ!?商品の値段で徹底比較!」を参考にしてください。

【放射線検査・無農薬・無化学肥料】食の安全へのこだわりまとめ

このページで紹介している5社であれば、どこであっても国よりも厳しい管理の放射能検査や、全てが無農薬というわけではないものの減農薬をし、なるべく薬に頼らずに自然そのものの良さが詰まったオーガニック野菜を販売しています。

ただし、どこが一番安全性が高いか?というのは、「有機野菜」を定義する基準値が定まっておらず、減農薬といっても各社の基準値で行われているために程度がわからないので、順位はつけられません。

それでも各社は独自に安全性を保てるように都度チェックを行い、公開もしています。
(参照:放射能検査・対策をしっかり実施している大手の食材宅配・野菜宅配サービスを比較

以下に、有機野菜宅配の各社が行っている安全へのこだわりをまとめました。

オイシックス

オイシックスの安全性(農薬・放射能検査実施について)

≪オイシックスの安全に対する6の約束≫
1、農薬を使用しないことを目指し、できるだけ農薬を抑えて栽培します。
2、有機質肥料を使って良い土作りを行い、化学肥料は極力使用しません。
3、詳細な栽培情報を管理し、わかりやすい形で公開します。
4、遺伝子組み換えの行われた農産物の取り扱いは行いません。
5、輸入品については、国産品と同等の安全基準のもののみを取り扱います。
6、定期的に残留農薬検査を行うことにより万全を期します

放射能検査で出た結果は公開されているので、誰でも見ることができます。

またオイシックスでは、九州産や西日本・北海道産の野菜など生産地を選んで購入することもできます。
オイシックスの九州産、西日本や北海道の野菜コーナー

さらに、らでぃっしゅぼーやと大地を守る会はオイシックスの子会社となったため、オイシックスで2社の商品も購入できるようになりました。

オイシックス強し(笑)

オイシックスでらでぃっしゅぼーやと大地を守る会の商品を購入可能

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーやの農薬・添加物・放射能対策

≪らでぃっしゅぼーや 安心とおいしさの理由≫
1、農薬・使用回数は制限しています。
土壌消毒や除草剤、その他基準外農薬を使用したものは扱っておりません。
2、添加物は極力使いません。
国が認めている添加物でも、らでぃっしゅぼーやでは90%は不使用。
それだけ厳しい基準で管理されています。
3、放射能物質の検査体制
検査基準は国が定める1/2以下と、厳しく検査され、
お水やベビーフードに関しては不検出のものだけを使用。
情報公開もされています。

≪らでぃっしゅぼーやの6の約束≫
1、安全でおいしいこと
2、持続可能で環境にやさしいこと
3、情報が公開されていること
4、生産者とのパートナーシップ
5、買いやすい価格帯であること
6、たゆまぬ代案提示

放射能検査の結果は、商品名や品目ごとに検索してチェックすることも可能です(*^^*)

大地を守る会

大地を守る会の農薬・添加物・放射能対策

≪大地宅配の安全安心≫
1、業界トップクラスの検査体制で放射能対策も万全
業界トップクラスの測定検体数で検査した情報・結果を公開。
2、農薬や除草剤など薬には頼らない有機農産物や栽培期間中農薬不使用の野菜の割合は88%
3、化学調味料、食材添加物は基本的には使いません。

大地を守る会は、有機野菜宅配の先駆けであり、そのため安全性にかける想いは一番強いようには感じます。

ただ、放射能検査の結果の数値とか見ても私には判断できないので、熱量を感じるっていうくらいなんですが(^^;

パルシステム

パルシステムの放射線検査実施宣言
≪パルシステムの商品づくりがめざすもの「7つの約束」≫
1、作り手と「顔の見える関係」を築き、信頼から生み出された商品をお届けします。
2、食の基盤となる農を守るためにも国産を優先します。
3、環境に配慮し、持続できる食生産のあり方を追及します。
4、化学調味料不使用で、豊かな味覚を育みます。
5、遺伝子組み換えに「NO!」と言います。
6、厳選した素材を使い、添加物にはできるだけ頼りません。
7、組合員の声を反映させた商品づくりを大切にします。

産直であったり、値段の割に安全性が高くコスパの良いパルシステムです!

生活クラブ

生活クラブの放射線検査・減農薬・添加物対策
放射線検査数、日本一。

国の基準値は食品からの「内部被ばく」だけを想定して設定されています。
しかし、実際には「外部被ばく」があることを考慮し、生活クラブは国の基準より低くすべきと考えました。

主食の米をはじめ、牛乳や鶏卵、肉類など、
とくに食べる回数や量が多い食品は基準を低くするべきと考えた数値です。

2016年4月からの新しい自主基準では、生産者による出荷前の自主検査や除染対応や
放射性セシウムの半減期の影響などによって検出数値が低下したことを踏まえ、
2012年に設定した基準値のさらに2分の1以下に設定しました。

生協グループの中で最も安全性に力を入れているのが生活クラブです。

ただし、こだわりが強い分、生協グループの中では値段は高めですし、良い商品ができないと販売しないので品揃えが良くない所が難点ではあります。

有機野菜宅配のお試しセット比較と体験談

お試しができる有機野菜宅配サービス会社は、オイシックス・らでぃっしゅぼーや・大地を守る会・パルシステムです。

お試しセットが購入できるのは、未加入で初めて利用する人のみ!

お試しセットは送料無料ですし、その後に加入が絶対条件なわけでもないです。だいたいが通常価格よりかなり安くしているので、まだ利用したことがない方であれば、お試しセットはやった方がお得ですよ♪

有機野菜宅配サービスの4社はどんなお試しセットをやっているのか一覧表にしました。

会社価格内容公式サイト
オイシックス1,980円有機野菜や果物、ミールキットなど
※時期による
大地を守る会1,980円有機野菜、果物など
※時期による
らでぃっしゅぼーや1,980円有機野菜・果物など
※時期による
パルシステム1,000円3種類のセットから1つ
(定番商品・有機野菜・赤ちゃん
会社価格と内容
オイシックス

➡公式HP

・1,980円
・有機野菜や果物、ミールキットなど
大地を守る会

➡公式HP

・1,980円
・有機野菜や果物など
らでぃっしゅぼーや

➡公式HP

・1,980円
・有機野菜や果物など
パルシステム

➡公式HP

・1,000円
人気のセット(定番商品・有機野菜・赤ちゃんセット)の中から1つ

それでは、次に実際に私が各社のお試しセットを購入した時のレビューです。

これを見れば実際にどんなものが届くのかが想像がしやすいかと思いますので、お試しセットはどこのを購入しようか悩まれている方は参考にしてください(*^^*)

オイシックスのお試しセット

オイシックスのお試しセットの内容
お試しセットで届いたのは、旬の有機野菜の玉ねぎ、小松菜、じゃがいも、ミニトマト、もやし、パイナップル、ビビンバ(ミールキット)、ケールサラダ、、トマト缶、油揚げ、絹豆腐、麻婆豆腐の素、野菜ジュース、プリンの計14品で、これで1,980円でした(*´▽`*)

野菜も数種類入ってきますし、野菜以外の食品も入っててめちゃお得!

そして何食べても美味しい!!!さすが「オイシックス」!名前だけある(笑)

大地を守る会のお試しセット

大地を守る会のお試しセットの料理キットや有機野菜7品
届いたのは、枝豆・ニラ・ピーマン・さつまいも(紅あずま)、梨(幸水)・ハム・豆腐の7品と料理キットのポトフセットです。
※2018年6月現在、大地を守る会の料理キットは販売停止しました。

これで1,980円!

梨が甘くて美味しかったです( *´艸`)

ただ時期によって入っているものが変わります!

らでぃっしゅぼーやのお試しセット

お試しセットを注文したのが9月だったこともあり、旬のぶどうや梨が入って10品で1,980円!

他にもキャベツ・ミニトマト・ピーマンなど有機野菜や卵も入っていたので、めちゃくちゃお得なセットでした♪

らでぃっしゅぼーやの試しセットの内容の有機野菜

 

らでぃっしゅぼーやの試しセットの内容のぶどう

早速とうもろこしを食べてみましたが、すごい甘くて美味しくて、2歳の娘が半分食べました(笑)
まぁもともと、とうもろこし好きなのですが食べっぷりがすごかったので、娘にとってもそれだけ美味しかったんでしょうね!

パルシステムの無料お試し商品

パルシステムではまだ加入していない人限定で、無料の資料請求をすることでサンプル商品1品をプレゼント、またはお試しセットをお得に購入することができます。

ただし、どちらか1回しか選ぶことができないので、資料請求した人はお試しセットを購入することはできません。

私はパルシステムのお試しセットがあるとは知らなかったので、無料の資料請求をしてサンプル商品である「クリームシチュー」頂きました(*^^*)

私が資料請求したのが冬だったのでシチューを頂きましたが、時期によって頂ける商品も変わるそうです。

パルシステムの無料の資料請求でもらったお試しサンプル商品のシチュー

お試しセットでは3つのセットから1つ選んで、商品をお得に試せるようです。

パルシステムのお試しセット

生活クラブ

生活クラブの資料請求でもらったお肉のセットとケチャップ

生活クラブはお試しセットはやっていないですが、資料請求するだけでサンプル商品がもらえるという、一番太っ腹なサービスしています( *´艸`)

 

しかも3つのセットの中から選んで好きなものを貰えるので、めちゃすごいです!

生活クラブの資料請求で貰える3うのセット

まとめ

こちらの5社(らでぃっしゅぼーや、オイシックス、大地を守る会、パルシステム、生活クラブ)であれば国の基準よりも厳しく安全性を考慮していることがわかります。

ただ、全部が全部無農薬や無添加というわけではなく、農薬にしても肥料にしても添加物にしても「極力使わない」という方針のようです。

また各社共通で「自社基準」を設けており、その基準にあわせて安全性を保っているようですが、その基準値は各社によってまちまちであるからこそ「どこが一番安全か」ということは消費者からは判断がつきません。

こういったわかりにくさを解消するべく、らでぃっしゅぼーや・オイシックス・大地を守る会のオーガニック野菜をメインにしている会社の社長さんたちが面談し、ライバル会社同士ですが協力して「日本の食卓にもっと有機野菜を」との志を元に「有機野菜の基準を統一し、消費者にわかりやすく」する活動をされているそうので、これからに期待です。

らでぃっしゅぼーや、オイシックス、大地を守る会の社長たちの面談の様子

≪追記≫
オイシックスと大地を守る会、らでぃっしゅぼーやという3大有機野菜宅配の会社が合併しました。

これによって、日本で有機野菜の宅配を主にしていた3社が手を取り合う形で共存していく形になりそうです。

詳しくは
【オイシックス、らでぃっしゅぼーや、大地を守る会の比較】オーガニック野菜を扱う食材宅配大手3社が合併。どう違いがあるのか? をご覧ください。